地方銀行の活用法|オリジナルな魅力を放つ地方の銀行
オリジナルな魅力を放つ地方の銀行

魅力ある地方銀行を活用しよう

地方銀行の活用法

口座開設をする時、どの金融機関にしようか迷った経験はありませんか?金融機関にもいろいろありますが、生活している地域になじみのある地方銀行が真っ先に思い浮かんだという方も多いと思いますし、実際地元の地方銀行の口座を持っている人はかなりの率になるでしょう。

地方銀行は住んでいる地域の特性に合わせた商品を数多く提供していますし、商品について詳しい説明を聞きたい時や各種の手続きをするには身近に支店がある事は重要なポイントになります。手始めにメインバンクとして利用するにはぴったりです。

しかし、銀行を上手に利用するという視点に立ってみると、地域の地方銀行とだけしか取引をしないというのは非常にもったいない事です。都市銀行や信用金庫、インターネット専業銀行、更には銀行や信用金庫などのインターネット支店などは各々に特性があります。複数の金融機関のメリットを取り入れて活用してみるのは有効な方法だと思いますし、おすすめです。

お金を殖やす事が目的であれば、地域の地方銀行の普通口座は生活費を引き落としするための口座として利用し、それとは別に有利な商品があるネット銀行に貯蓄用口座を持つのもいいでしょう。また、仕事で全国各地に出かける機会が多い、という方ならば、都市銀行の口座を持っていると便利でしょう。地方銀行のキャッシュカードだけではお金を下すのに随分苦労するかもしれません。

更に、海外旅行によく行く人であれば、そのまま海外で使える銀行カードを発行している銀行もあります。身近で気軽にサービスを受けられる地銀をメインバンクに、そして、それ以外のメリットを求めてネットバンクや大手銀行などの金融機関をサブバンクにするというのが利用しやすいパターンと言えるかもしれません。

最終的には、自分の日常生活のパターンや仕事の性質などによって各金融機関のメリットやデメリットはそれぞれ異なってきますので、その辺りをよく考慮してサブバンクを選ぶことが有効な活用法だと言えますが、預金金利などの目先のサービスだけに捕らわれず、細かい所までよく調べることが肝心です。

複数の金融機関を活用するとなると少し気になるのが、手数料無料で出金できるかどうかという点です。預金金利がいいから、或いは便利だからと思って口座を作ったのに、ATM手数料がかかってしまっては元も子もありません。セブン銀行のATMなどを利用する事で手数料が無料となるケースは増えましたが全ての金融機関に対応したサービスではありませんので、コンビニATM手数料や、ネット振込を含む振込手数料にはしっかり注意を払うことが必要です。

そして、引っ越しや転勤が多い方が地銀の口座を持つ場合、その地域から離れる時には忘れることなく口座の解約をして下さい。うっかり忘れて休眠預金にしてしまわないようにしましょう。大切なお金を無駄にしてしまわないようにする事が大切ですね。

© COPYRIGHT 2018 オリジナルな魅力を放つ地方の銀行 ALL RIGHTS RESERVED.


岩手の農業を支える東北銀行

旧国立銀行から発展した山形銀行

海外サービスが充実した千葉興業銀行

個人向けサービスが豊富な中国銀行

お得な限定サービスがある池田泉州銀行

ローンサービスが充実した福島銀行

定期預金の金利が高くなる時期とは?

魅力ある地方銀行を活用しよう