地方銀行の個性的な商品と金利|オリジナルな魅力を放つ地方の銀行
オリジナルな魅力を放つ地方の銀行

魅力ある地方銀行を活用しよう

地方銀行の個性的な商品と金利

地方銀行は全国に100行以上もあります。かつては銀行間の競争もほとんどなく、国によって手厚く経営を保護されていましたが、1990年代頃から急速に進んだ金融自由化によって、金利や手数料は一律でなくなり、銀行は効率の良い経営を求められるようになりました。

資金量や経営基盤では都市銀行には対抗できませんし、インターネット専業銀行の台頭によってますます競争が激化する中、地方銀行はインターネット支店を持つようになります。インターネット支店であれば実際の支店を構える必要もなく、人件費も少なくて済みます。そして、インターネット銀行と同じように全国から顧客を集める事ができます。

そんな地方銀行のインターネット支店、ユニークなネーミングであったりしていかにも耳目を集めそうですが、ネーミングのインパクトだけではなく実際にとてもお得な商品がたくさん販売されています。

例えば、トマト銀行ももたろう支店のきびだんご定期預金は高金利のインターネット専用定期預金として知られています。名前も個性的で、どんな商品なのか興味が湧きますね。また、トマト銀行はももたろう支店に限ってセブン銀行ATMの手数料が平日8時45分から18時まで無料となっています。日本に居住している成人なら誰でも口座開設が可能です。

また、東京スター銀行のスターワン1週間円預金や、スターワン円定期預金プラスなども金利の良い商品として常にランキング上位に位置付けられています。更にお得なのが、総合口座であるスターワン口座の利用者はセブン銀行ATM手数料が月に8回まで実質無料となる事です。ちなみに東京スター銀行のATMならば、24時間365日手数料無料で利用する事ができます。

地方銀行では、預金口座を開設するだけで特典がついてきたり、預金金額や預金期間などの条件を満たすと振込手数料が安くなったり、住宅ローンの金利が下がる優遇サービスを提供してくれたり、また季節やイベントにちなんだ定期預金キャンペーンを度々行ったりしています。また、紹介したようにネット支店専用のお得な商品も数多くありますし、今ではネット銀行より金利の高い地銀ネット支店もあります。

マイナス金利の影響で以前と比べると商品の利回りは良くありませんし、資産を運用しにくくなっているのは確かです。でも、こまめに情報収集をして色々比較してみると金利を優遇してくれる商品やキャンペーンはたくさんあります。地域の特色を商品に反映させてきた地方銀行ならではのサービスといえるでしょう。

© COPYRIGHT 2018 オリジナルな魅力を放つ地方の銀行 ALL RIGHTS RESERVED.


岩手の農業を支える東北銀行

旧国立銀行から発展した山形銀行

海外サービスが充実した千葉興業銀行

個人向けサービスが豊富な中国銀行

お得な限定サービスがある池田泉州銀行

ローンサービスが充実した福島銀行

定期預金の金利が高くなる時期とは?

魅力ある地方銀行を活用しよう