地方銀行のメリット・デメリット|オリジナルな魅力を放つ地方の銀行
オリジナルな魅力を放つ地方の銀行

魅力ある地方銀行を活用しよう

地方銀行のメリット・デメリット

日本全国には数多くの地方銀行があります。あなたがお住いの地域にももちろん地方銀行があるでしょう。メインバンクとして口座をお持ちの方も多いと思います。身近な存在の地方銀行ですが、そのメリットとデメリットについて少し考えてみましょう。

地方銀行は地域密着型の金融機関だと言われています。その通り、地域内には支店やATMが数多く存在しています。支店が多くあれば、ちょっとした用事のついでに窓口やATMに立ち寄ることができます。例えば、金融商品やサービスについて相談したいことがある場合、思い立った時に気軽に足を向ける事ができそうです。また、スーパーや病院、公共の施設などにはATMコーナーが設置されていることが多いものですが、その地域の地方銀行のキャッシュカードが全く使えないという事はまずないでしょう。こうした利便性はやはり魅力です。

また、地域住民の些細な相談事にも気軽に応じてくれるのはやはり地方銀行ならではの事だと思います。銀行、というと堅苦しくて敷居が高いというイメージがつきまといがちですが、こうしたアットホームな雰囲気があると、利用者としては安心して取引ができますし、銀行側にとっても地域性を理解する上で顧客とのコミュニケーションは重要な業務だと言えるでしょう。

資金力が豊かではない中小企業にとって、地域経済を知り抜いている地方銀行は頼もしいビジネスパートナーだと言えるでしょう。融資だけではなく経営や投資や資産運用など、会社の利益に繋がる相談ができるのは大変心強い事ですね。メガバンクではなかなかこういったサービスは難しいものがあります。

地銀のメリットはその地域に密着したサービスと営業エリア内にある支店の多さによるところが大きいのですが、逆に一たびその地域から離れてしまうと、利用できる場所がほとんどなくなってしまうというデメリットが生じます。旅行などで遠方に出かけた時など、お金を下せなくて困ったという経験をした人もいるでしょう。

地方銀行から融資を受けている企業はどうでしょうか。事業規模が大きくなった時、希望する融資額に銀行側が対応しきれないという心配が出てきます。別の地域に拠点を持とうと思うなら尚更でしょう。その地域に地方銀行の支店がなければ何かと不具合が出てくることもあるかもしれません。

銀行店舗を持たないインターネット専業銀行も普及していますから、家にいながら口座開設から住宅ローンの契約まで銀行業務全般をインターネットで済ます事ができる事に利便性を感じる人には、地方銀行のメリットはあまり意味はないでしょう。そしてあなたがもし大都市に住んでいたり、転居する予定があったりするのであればやはり地方銀行のメリットはあまり感じられないかもしれません。大都市に多く支店を持ち、全国展開している都市銀行の方が便利でしょう。

今お住いの地域から離れる可能性があるかどうか、地方銀行に口座開設する際にはその辺りが大きなポイントとなりそうです。

© COPYRIGHT 2018 オリジナルな魅力を放つ地方の銀行 ALL RIGHTS RESERVED.


岩手の農業を支える東北銀行

旧国立銀行から発展した山形銀行

海外サービスが充実した千葉興業銀行

個人向けサービスが豊富な中国銀行

お得な限定サービスがある池田泉州銀行

ローンサービスが充実した福島銀行

定期預金の金利が高くなる時期とは?

魅力ある地方銀行を活用しよう