地方銀行の役割|オリジナルな魅力を放つ地方の銀行
オリジナルな魅力を放つ地方の銀行

魅力ある地方銀行を活用しよう

地方銀行の役割

銀行は、都市銀行と地方銀行とに区別して語られる事が少なくありません。法的には何ら違いはないのですが、その規模と資金量、また本支店のあるエリアなどによって分類されています。都市銀行は、再編を繰り返していくつもの銀行が合併したという経緯があるので事業の規模や資金量も大きく、支店も全国に配置されており、その強みを生かして全国の大企業との取引を柱としています。また、都市銀行は海外にも多くの拠点を持っており、同じく海外拠点を持つ大企業の経営サポートを引き受けるなど、言ってみれば日本経済を支える存在となっています。

経営基盤が大きくて、支店も日本全国にあるのなら都市銀行があればそれで充分ではないのか、地方銀行は果たして必要なのかと思われる方もいるでしょう。地方銀行は必要不可欠な存在です。都市銀行が日本経済を支える存在であるならば、地方銀行は地域経済を支えるという重要な役割を担っているのですから。

地域経済を活性化させるために、地方銀行は様々な事に取り組んでいます。主な取引先である中小企業の多くは充分な資金力を備えているとは言えません。大企業の様に多彩な資金調達法や人材を持ち合わせていない事も多い為、地方銀行が取引先の経営相談や企業再生に関わることは日常的な事です。企業向けのセミナーの開催や、ビジネスマッチングなどに積極的に取り組む事によって地域企業の成長を支援したり、地域経済と地域行政の橋渡しをする事も地銀の重要な業務なのです。

また、一般顧客に対しても、その地域の特性をいかした様々な金融商品を提供したり、利益を地域へ還元する仕組みを作り出したりしています。更に金融業務だけではなく、地域密着型金融への取り組みとして地域住民に様々なプログラムを提供している事は、ご存知でしょうか。例えば、コンサートなどの文化行事やスポーツイベントを開催したり、地域のイベントや催し物に積極的に参加する事は銀行業務とはあまり関係がなさそうですが、地域経済の活性化を図るという意味ではこうした活動も大切な仕事なのです。

こうして地域と深く関わり情報を共有し、サポートする事で地域経済に活気が出てくれば、結果として地銀自体に収益をもたらす事につながるのですから銀行にとってもメリットは大きいですね。地域性を考慮した金融サービスを提供し、金融活動だけに限らず地元企業と連携して地域活性化の為に投資する。地方銀行が大切な役割を果たしてくれることによって地域経済の健全性が保たれているのです。

© COPYRIGHT 2018 オリジナルな魅力を放つ地方の銀行 ALL RIGHTS RESERVED.


岩手の農業を支える東北銀行

旧国立銀行から発展した山形銀行

海外サービスが充実した千葉興業銀行

個人向けサービスが豊富な中国銀行

お得な限定サービスがある池田泉州銀行

ローンサービスが充実した福島銀行

定期預金の金利が高くなる時期とは?

魅力ある地方銀行を活用しよう