オリジナルな魅力を放つ地方の銀行

旧国立銀行から発展した山形銀行

山形銀行の貯蓄預金と定期預金

山形銀行はお金を貯めるに適している銀行です。山形銀行の預金サービスの中には貯蓄預金と定期預金があります。どちらも金利がよい金融商品であるため、地元には多くの利用者がいます。

貯蓄預金は、定期預金とは違い、いつでもお金を引き出すことができます。貯蓄預金は普通預金よりも金利がよく、定期預金に近い金利が特徴です。貯蓄預金は、満期までお金が引き出せない定期預金よりも自由にお金が引き出せる利便性のよさが人気です。貯蓄預金をよく使う人は、それぞれ満期日が異なる定期預金をまとめるまでの間に活用しています。貯蓄預金の場合、ボーナスなどのまとまったお金を短い期間だけ預けるときにも効果があります。

そして、山形銀行には定期預金もありますが、定期預金には預入期間が1ヶ月から5年までのものがあります。たとえば1,000万円以上のまとまった資金を有利に運用できる大口定期預金、一定金額をコツコツと積み立てる積立型定期預金、セカンドライフ用で金利の高い「やまぎん年金定期預金」、6ヶ月の据置期間が経過したら自由に現金が引き出せる「やまぎん未来設計」などがあります。ほかにも指定サービスの利用で金利が上乗せになる特別金利の定期預金などがあり、これらの金利優遇サービスが利用できる定期預金は資産運用として効果があります。

さらに、山形銀行には、ATMから預け入れることができるATM定期預金やネットバンキング定期預金もあります。これらの預金サービスは、窓口でお金を預けるときよりも上乗せ金利で預金できます。ATMからお金が預けられるATM定期預金では、「スーパー定期」や300万円以上の預金を対象とした「スーパー定期300」に1年間預けると、窓口よりも金利が0.15%上乗せになります。また、普通預金などの他の預金口座から定期預金口座にお金が追加できるネットバンキング定期預金なら、金利が0.225%上乗せになります。

© COPYRIGHT 2017 オリジナルな魅力を放つ地方の銀行 ALL RIGHTS RESERVED.


岩手の農業を支える東北銀行

旧国立銀行から発展した山形銀行

個人向けサービスが豊富な中国銀行

お得な限定サービスがある池田泉州銀行

ローンサービスが充実した福島銀行

定期預金の金利が高くなる時期とは?